事例ケース

ここではグローバルウェルビーイングが提供するサポートの事例を並べています。

実際にお問い合わせを頂いたご相談のケースに近い内容を、加工し記載しています。

このケースで検討されるべきサポートは3つのレベルに分けられ、それぞれに対し弊社から支援していきます。

 

■ 緊急性の高い事項

不調者への対応(医師の面談への紹介・カウンセラーによる相談対応)

■ 緊急性が中位の事項

管理者への「安全配慮義務」と「声かけの目的と方法」研修

■ 緊急性の低い事項(しかし日常的には重要な事項)

年一回のストレスチェックの実施(ウェブ上での形式的なものではなく、悩み相談に容易に繋げられる、結果を時系列に蓄積することができます)。これにより、職場ストレスの現状の客観的理解、潜在的なメンタルヘルス不調者の未然防止または早期対応が可能になります。

 

         詳しくはこちらをクリック

このケースでは検討されるべきサポートは3つ考えられます。

 

■ 病識のない部下への医師との面談への奨励

弊社 専門家にお任せください

■ 上司として、従業員として必要なメンタルヘルス不調の最低限必要な知識研修

職場で部下のメンタルヘルス不調に気がつくためには、その分野の理解が少なくとも必要です。例えば、3A(無断欠勤・飲酒・ミスの発生)もそのうちの一つです。これら知識があることで、不調者の見落としや放置を引き起こすこともなく、早期発見をすることができます。

さらに、責任者や上司だけではなく、同僚や家族も、仲間や家族のメンタルヘルス不調の早期発見と対処が可能になります、

■ 疾病性と事例性

企業の管理者としてすべきこと、医師がすべきことの差異を明確化し、それぞれの信頼関係を壊さない対処法を学習支援します。

         詳しくはこちらをクリック

心の問題を解決する上で治療者やカウンセラーとクライエント(相談者)の信頼関係は不可欠な要素です。経験を重ねた専門家ほど、初回からしばらくはこの関係作りに多くの時間を時間を確保します。これを欠いて進めてしまうと、クライエント(相談者)は本当の心の訴えを話すことができず、治療者やカウンセラーの指示を受けるばかりのッッションになり、これではカウセリングの機能を全く果たしていないことになってしまうからです。

 

海外在住者のセラピーやカウンセリングは、英語が話せても現地の治療者との間で苦悩されるケースを多く見てきました。コミュニケーションは言語上の理解度以上に、相手に「心の文化差」への理解がなければ相談者の理解ができないからです。日本人には日本人のロジックがありますが、これが欧米人にとっては理解が困難だからです。

 

グローバルウェルビーイングでは、日本人専門家によるサポートです。クライエント(相談者)が安心して、自分の言語で話すことができる環境作りを支援します。心の状態・現在の治療の目的・予測される流れ・そしてロジックの文化的差異から理解されにくい問題を日本語でゆっくりお聞きします。

 

         詳しくはこちらをクリック